スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
第1回:顔合わせ、脚本討議
おはようございます、スタッフの小比類巻です(・ω・)★

先月24日に行われた子ども映画制作ワークショップから早一ヶ月。
この一ヶ月は、脚本の選考が行われていました。
市民や参加者からのたくさんのご応募、ありがとうございました!


さて、昨日はハチャム・アート・コンプレックスへ集合、
歩いて、地区センターへと移動しました。
(以後、会議は地区センターで行われます)

発寒ってこんなにあっついんだ!
というぐらいの蒸し暑さにびっくり!
札幌にもようやく夏が来ましたね!


そして待ちに待った初顔合わせ&自己紹介。
今年の参加者は23名。
23名もいるのねーーー覚えらられるかな私(笑)
みんなよろしくね(@`・ω・)ノ◆◇

みんな共通の趣味があったりと、終始なごやかな雰囲気で行われました。
早川監督の以外な趣味に子供たちもびっくり。
監督は馬が好きみたいです(笑)



その後は脚本について、1人ずつ意見交換、そして討議。
今回選考された作品は『命の樹』『ポップな古時計』『tomorrow*』『花火の思い出』の4作品。
趣味が読書の子や、意識が高いせいか、
とても的確な意見が飛び交っていました。

そして、今年度の脚本は『命の樹』に決定!
選考のポイントは
・発寒商店街をうまくつかっている
・キャラが面白い
・次の展開が気になる内容だから など。


6月からは、この脚本についての内容を、
脚本家さんも含めみんなで決めていきます。
難しい作業ですが、ここがしっかり決まれば撮影も簡単に!
約一ヶ月の作業ですが、頑張りましょう!

次回も楽しみです(∩∇`◎)
スポンサーサイト
[2011/05/30 09:05] | ws2011 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。